事務局報告 1月

■EC物流委員会
「New Normal時代に求められるSCM」をテーマに、
活動を進めており今月1月の政府の緊急事態宣言発令に伴い、
リモート会議に切り替え、グループ内の調整を行ってゆく。
初級コースグループと応用コースグループの2グループの
各ワーキンググループリーダー及びサブリーダーが、
リモート交流を徹底し、着実に活動を推進してゆく。

■センター改善委員会
2020年12月のキックオフミーティング開催後、藤田委員長が
各委員と現在抱える課題につき、2021年1月よりWEB等で1時間程度、
個別面談を進めている。
主に5年後10年後に生き残る企業はいかなるものか、機械中心に
装置産業に焦点を当ててゆく。
具体的には、関心領域が共通な内容につき、センター内の課題を抽出し、
その課題改善に向けて、議論を交わしながら、活動を推進する。

■センター視察委員会
2020年12月トラスコ中山(株)幸手物流センター視察会実施後、
緊急事態宣言発令され、現状、視察会が実現できない状況。
コロナ感染状況を注視しながら、後行事開催を検討する。